ホーム > ニュース > 業界ニュース

LEDグローライトの応用。

2021-10-27

LEDは第4世代の新光源として、他の電灯とは異なる多くの特性を備えており、省エネで環境にやさしい光源としても第一の選択肢となっています。植物栽培の分野で使用されるLEDは、次の特性も示します。植物の光合成と光の形態のスペクトル範囲にちょうど一致する豊富な波長タイプ。スペクトルの波幅は半分の幅で狭く、必要に応じて組み合わせて純粋な単色光と複合スペクトルを得ることができ、集中させることができます。


光の特定の波長は、バランスの取れた方法で作物を照射します。作物の開花と結実を調整できるだけでなく、植物の高さと植物の栄養素含有量を制御することもできます。このシステムは、発熱が少なく、占有スペースが小さく、多層培養の3次元コンビネーションシステムで使用して、低熱負荷と生産スペースの小型化を実現できます。さらに、その強力な耐久性により、運用コストも削減されます。これらの優れた機能により、LEDは、植物組織培養、施設の園芸や工場の苗木、航空宇宙の生態学的生命維持システムなど、管理された施設環境での植物栽培に非常に適しています。