ホーム > ニュース > 業界ニュース

栄養素コントローラーの使い方(1)

2021-12-17

1.システムの起動と初期化(栄養コントローラー)
機器上部の電源スイッチボタンを回して電源を入れ、システムの電源を入れます。電源を入れた後、システムは「栄養素急速テスターへようこそ、使用前に一度クランプを空にし、製造します」というメッセージが画面に表示されるまでセルフテストを実行します。コレットを押して「­」を押してください。キーを押すと、システムが自動的に修正します。操作が不適切な場合、またはブレードがクランプされている場合、ユーザーは次の操作を実行できません。正しい動作モードに従って、必ず空のクランプテストを1回実行してください。

2.測定(栄養コントローラー)
起動の初期化後、画面に「起動設定が成功しました。測定のためにブレードを直接クランプしてください」というプロンプトが表示されます。ユーザーは、測定するブレードを測定クランプに固定し、頭のセンサーに寄りかかって、「­」を押すことができます。キーはクリップごとに1回測定でき、測定時間とさまざまなパラメータを画面に表示できます。
テストする同じサンプルまたは同じタイプのサンプルについて、複数の測定後の平均値を計算するために機器を使用できます。同じまたは同じタイプの複数の測定が完了したら、「¯」を押します。この測定を終了するための鍵。それ以外の場合は、次または次のタイプのサンプル測定後に取得される平均値に影響しますが、単一の測定結果には影響しません。ユーザーが同様のサンプルの平均値を取得する必要がない場合は、サンプリング終了時の操作を無視できます。システム測定中に「­」を押します。単一の測定を達成するための鍵。常に「¯」を押してくださいサンプル測定が終了するときはいつでもこの測定を終了するためのキー。そうでなければ、次の
サンプルが測定されて平均化されると、前のサンプルのデータもこの平均化操作に参加します。計算エラーの原因です。

3.平均(栄養コントローラー)
ユーザーは、複数の測定後に同じサンプルまたは同じクラスの複数のサンプルの異なる部分の値を平均することにより、サンプルまたはサンプルのクラスの代表的なパラメーターを取得できます。測定操作を行った後、「平均」キーを押してサンプルの平均値を計算します。ただし、次の点に特に注意する必要があります。(1)サンプルの各グループをテストした後、必ず「¯」を押してください。この測定を終了し、平均値をとるデータがこのサンプルのデータであることを確認するための鍵。 (2)測定の過程で、3つのパラメータがすべてゼロの場合、測定操作が間違っているため、再度測定する必要があります。それ以外の場合、平均値を取得すると、平均値の結果に次のようなエラーが表示されます:??。?。このとき、「¯」を押してください。キーを押して前の測定プロセスを終了し、1つずつ測定を開始します。